性暴力を許さない女の会 5月公開講座

「強姦裁判をめぐる司法の動向~司法の現場から」を開催しました。

ご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました。報告はこちらから読むことができます↓

 

 性暴力犯罪の被害者の多くは、不当に受けた被害を被害と訴えることができず、深い傷を抱えながら生きていかなければならないのが現状です。

 

 やっとの思いで司法に訴えたにも関わらず、被害者の証言に信ぴょう性がないなどの理由で、無罪判決になることもあります。最高裁判所の痴漢無罪判決以降、「なぜこれが無罪に?」と疑問を感じるような判決も出されています。

 

 最近の判決では、大阪地方裁判所堺支部で13 名への略取誘拐罪、強姦強盗罪で無期懲役の判決が出る一方で、神戸・大阪での強姦裁判では無罪判決が相次ぎました。最高裁判所の痴漢無罪判決後、司法の現場ではどのようなことが起きているのでしょうか。

 

 今回は、これまで性暴力被害者の相談や事件を担当してこられた、弁護士の段林和江さんをお招きしてお話を伺います。最近の司法の動向を知ることで、今後の性暴力裁判について考えたいと思います。

 

 ぜひ、みなさんご参加ください。 

 

● 日時 2011年5月24日 (火) 18 時30分~21時

 

● 場所 ドーンセンター・中会議室
    (大阪府男女共同参画・青少年センター)

 

● 講師 段林和江さん(弁護士)

 

● 会費 700円 

*維持会員の方は無料です。

*参加は女性のみ。

 事前申し込み不要。直接会場にお越しください。

 

● お問い合わせ先

 性暴力を許さない女の会
 大阪市東淀川郵便局私書箱15号
 TEL 06-6322-2313(毎週火曜日 夜7~9時のみ)

 

● 毎回10~20名くらいのご参加をいただいている、ゆるやかな勉強会です。

 初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。

2011年5月公開講座チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 584.6 KB

会員募集!

サポートしてくださる会員を募集しています。詳しくはこちら

訪問者数